離婚の傾向と準備について

 

 

離婚をする場合に、よく財産分与という言葉を聞きますが、具体的にどのようなことなのでしょうか。これは、結婚生活の中で夫婦が協力して築いたものを、離婚するに当たってそれぞれに分与することです。
貯金や不動産のみならず、家財道具、厚生年金や退職金といったものがこれに該当します。また、夫名義で購入した車なども、夫婦で使っていれば、やはり分与の対象となります。それ以外に、生命保険金やゴルフ会員権なども対象とみなされますし、慰謝料が加えられることもあります。逆に対象とならないものは、独身時代の貯金や、夫か妻のどちらかが、親から譲り受けた遺産などです。それぞれの衣料品なども、分与の対象とはなりません。
それから専業主婦などで収入が無く、離婚後生活が厳しくなる場合は、仕事を見つけるなどして、経済的自立をするまでの間、一定期間にわたって、夫に生活の援助としてのお金を請求することができます。高齢の場合、また、子供を引き取って養う場合にも、これが適用されます。
分与は訴訟などを起こさない限り、基本的に夫婦が話し合って決め、離婚の時に互いに分けるべきものです。しかし、もし離婚の際に分与されなかった場合は、離婚後2年以内であれば請求が可能です。この場合は家庭裁判所に持ちかけるか、弁護士に依頼するといいでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。