離婚の傾向と準備について

彗星

たとえば夫が家庭を顧みなくなり、浮気をしている可能性があると妻が感じていて離婚したいと思った場合は、浮気調査をしてしっかりと証拠をつかむことが大切です。浮気や不倫の証拠があることで、有責となり、離婚をするときに慰謝料をもらうことができたり、有利に進めることができるためです。

 
しかし、ここで気を付けなければならないのは、離婚における不倫の定義です。たとえば、女性と食事にいった、女性と手をつないでデートをした、メールで愛しているといった、キスをした、これらはどれも浮気の証拠となりえそうですが、実際に離婚をする場合には、法的に不倫とどれも認められません。法的に有責であると認められるものは、一人の女性と複数回の性的交渉があった場合のみです。

 
つまり、性的交渉が複数回あったという証拠をつかまなければ、有責として認められるのが難しいのです。そのため、素人だけではなかなか証拠をつかむことができないため、プロの調査会社に依頼をするほうがよいこともあるのです。その証拠としては、たとえラブホテルに入ったり、出たりする場面の動画や写真、またはラブホテルの領収書、メールや口頭で不貞行為があったことを示唆するものなどです。

コメント

コメントを受け付けておりません。