離婚の傾向と準備について

親権について

カテゴリー 未分類

夫婦が離婚する際には、慰謝料や養育費など、決めることがたくさんあります。gf0110094133l

 

子どもがいる場合は、親権を決める必要があります。これは子どもの生活を大きく左右します。これは必ず決めなくてはならないので、話し合いや調停で決めます。調停で決める場合は、家庭裁判所に調停の申し出を行ない、調停での話し合いで決めます。ここでは、養育費や財産分与などの問題を解決することもできます。これは2つの権利から成り立っているもので、その権利は親の責任を負うものと子どもの財産を管理し、手続きの代理を行なうという内容になっています。決めるための基準としては、どちらに引き取ってもらえたら子どもが幸せになれるかということが挙げられます。

 

子どもが大きい場合は、子どもの意見も参考にして決める必要があります。子どもが乳幼児の場合は、母親とのスキンシップが大事になってくるので、母親がなる場合が多いです。その他の基準としては、両親の健康状態や家庭環境なども挙げられます。

 

 

これらによって、子どもの生活にはさらに大きな影響が出てきます。子どもの将来が多少変わってくることが考えられます。離婚して、子どもがどちらに引き取られたかによって、子どもの生活が変わってきます。

コメント

コメントを受け付けておりません。