離婚の傾向と準備について

最近、家庭内離婚という言葉を耳にすることが増えました。どういった状況をこう呼ぶのでしょうか。惑星

 
夫婦の関係は冷め切っているけれど、経済的な理由などから、離婚には踏ん切れず、なんの会話もないような状態でひとつ屋根の下で暮らしている夫婦をこう言います。家庭内別居というとわかりやすいかもしれません。通常、離婚の前には必ずといっていいほど通る過程がこれです。

 
夫婦の関係が冷め切っているのだから、どちらかが家を出て別居をすればいいのですが、転居先を探す手間や、それにかかる家賃などの生活費の問題、それに子供がいたりなど、様々な問題があってとりあえずひとつ屋根の下で暮らしているのです。

 
この場合、夫婦関係が元に戻ることはほぼありません。子供の独立、就職先の決定など、決定的要因があって離婚届を提出する夫婦がほとんどです。
こういった状況が長く続けばお互いの精神衛生上も良くないので、お互いに別れる意思があるのなら、離婚をしてしまった方がお互いの将来のためにもよいのです。ただ、子供がいる場合は、親権、養育費の問題など、決め事はたくさんあります。もし離婚することになったなら、口約束ではなくきちんとした書面で残しておきましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。